波乗り編集人のブログ

沖縄本島最南端に生息中の波乗り編集人、原田ゆふ子のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

力が実る時。

さて、
久しぶりのGRABチャレンジです。

わたしは今だに
1月のGRABチャレンジを追っかけていますが(遅すぎ~笑)
3月にも新しいGRABが始まっていますよ!

今日のテーマは「実力」。


この言葉を聞いた時にパっと思い浮かんだのは、
沖縄アクターズスクールのミュージカルを観た
修学旅行生たちの感想です。


すごい、熱い!
ちゃんと伝わってる!!
(ぜひ、リンク先の感想を読んでみてください!)


これが、アクターズスクールの実力だぁ~
と、うれしく思いました。

momoto創刊号の企画で、
脚本を書いた村井優紀さんと、
主役をつとめているTAKUROさん、JUNAさんに
インタビューさせていただいたのですが、

修学旅行生の前で公演することに対する
「恐怖」を、皆さん口にしていました。

だって、それはそうですよね...

誰かに誘われてチケットを手にしたとか
お金を払って観たいという人ではなくて、
修学旅行のひとつのプログラムとして
半ば強制的に観させられる生徒たちを前に、演じるのですから。

ものすごい「恐怖」だと思います。

でも、その壁を「実力」が突破した。

それは、実際に演じてみるまで、
彼女たちにもわからなかったひとつの「成果」だと思います。


そう考えてみると、「実力」というのは
結果とか、他人の評価を通じてはじめて見えてくるもので、
時に残酷な現実を突きつけられることもあるけれど、
やっぱり、客観的な視点から
ときどき自分を見つめることは大切だと思います。

個人的には、
どんな仕事であれ、取り組みであれ、
その時その時に全力でがんばっていれば
「実力」がつかないことはない!と思っていますので、

momotoに「売り上げ」という成果が見えてくるのは
まだ少し先かも知れませんが(笑)
それでも確実に、
毎号毎号「実力」を付けてきていると思います!(鼻息荒く)

というわけで、次号も
全力でがんばりまーす!!



スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/04/06(火) 07:41:52|
  2. GRABチャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わりは、始まり

にゃんと、3/8以来
約1カ月ぶりの更新となってしまいました...

手帳を見返してみると、
3/10くらいまではぐちゃぐちゃに書き込まれているのですが、
その後は、ほぼ空白(笑)

1月上旬、
シブヤ大学に参加するために上京したあたりまでは、
日付までしっかり覚えているのですが、
そのあとは、いつ何をしたのか全然覚えてない...(笑)

でもでも...

ぜ~んぶ、終わりました~!

空白の3カ月の間に、
ものすごくいろんな場所で、いろんな人にあって、
いろんな発見がありました。

そして、いろんなものを生み出しましたよ~!

↓うんだもの、その1


Vol2


今号は、すごいです!

へんしう長の編集力全開!
momoto写真部の魅力全開!!

そして、急性腸炎に倒れながらも
「島言葉」「戦争の記憶」「DNAをたどる中国の旅」
という、あまりに重い3本を書き上げた
ちずさんのライター魂全開!!!

です。

あ、わたくしは今回、
巻頭特集をがっつり担当させていただきました。

4/16は書店、コンビニへGO!!!ですよ~


しかし、毎度のことながら、
締め切りがあることと、
生み出したものが残る、というのが
この仕事のいいところだなぁと思います。

さ、今週はまず、
部屋のそうじから始めまーす








テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/04/05(月) 09:20:16|
  2. 沖縄の南から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来をクリエイトする仕事

今日はいきなり、かわいい写真から。

CA3G0006.jpg

子どもたちの描いた絵を、
写真におさめるコーキお兄さん。

そのお兄さんのお仕事ぶりを、
興味しんしんで眺める子どもたち。

前のめりのお尻がかわいすぎ~♪

う~ん、みんな、
クリエイターですねぇ。

次号momotoのワンテーマが
「シマの未来に残したいもの」なので、

シマの未来をクリエイトしている
すてきな人たちの取材が続いています。

今日のGRABチャレンジは「クリエイト」

でもほんとうは、
人は誰でもクリエイターですよね。

生きているかぎり。

意識していても、していなくても、
自らの言動で自らの未来を、
人生を、クリエイトしている。

その自覚があって、
さらに、どういう未来を、人生を
クリエイトしていきたいか。

そこをきっちり思い描いて
コツコツと生み出していける、
プロのクリエイターになりたいなぁと、
いつも思っています。




  1. 2010/03/08(月) 04:27:30|
  2. GRABチャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何ができる?

.......。

やっと、
ブログを更新する時間がちょぴっとできました(涙)

更新できなかった
ここ2週間のあいだ、

時には離島で
時に畑で
時には学校で

次号momotoの取材や
糸満市観光ガイドブックの取材や
おきなわしまくるカレッジの取材や
琉球ニライ大学の開校準備に明け暮れながら

地球のために
このシマの未来のために
子どもたちのために


「今、自分には何ができるのか?」


ずっと、考えさせられていました。


↓昨日の、糸満の夕陽。


IMGP5248.jpg


美しくも
儚くも
そして、少し恐ろしくも
感じられる光景でした。


今日のGRABチャレンジは「何ができる」

正解はわからないけれど、
答えはすでに
自分の中にあります。


今、できることしか、できない。


自分が信じていること、やりたいことしか、できない。


だから今日も、
自分が想い描く未来に向かって

仲間たちと笑いながら、
自分のできることを
精一杯やりまーす!






  1. 2010/02/25(木) 00:28:56|
  2. GRABチャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こらえて、伸びる!

今日は、ストレートに行きます!

今日のGRABチャレンジのテーマは、
「涙をこらえた瞬間」

最近は、ほとんどこらえないで
泣いてしまうことの方が多いのですが、

ものすごく感動したり、嬉しかったり、
どうしようもなく悲しかったり、悔しかったりで、
思わず涙がこぼれそうになる瞬間って、
わたしの場合は、日常生活の中で「かなり多い」と思います。

ちゃんと数えたことはないけれど、
毎月軽く10回くらいは泣いているような(笑)。

わたしは特に感動屋さんではないし、
どちらかといえば、目の前で起きる現象を
一歩ひいて見る癖がついていると思うのですが
(編集者の職業病!)

それでもこうして考えてみると、
けっこう泣いてます。

若い頃は、子どもネタでも動物ネタでも
泣かない自信があったのですが(笑)
なんだろう、これ。
年のせいなのかな~(笑)

「必ず」といっていいほど泣くのは、
映画や舞台を観たとき。

ストーリーがどうの、じゃなくて、
ものすごい演技とか演出とか、
出演者のパワーが一丸となって迫ってくるような
作品に出会うと、2種類の涙が溢れてきます。

1つめは、
人間の持つ可能性や才能の大きさに感動して、
「すごい、すごいよ!」と心から賞賛する気持ちと、

「でも、自分もこの人たちと同じ人間なんだ!」
と思うと、自分の可能性に対してもうれしくなって、
じんわりと滲んでくる涙。

2つめは、ものすごい才能を見せつけられて、
まだまだ才能を活かしきれず、役割も果たし切れていない
自分に対して、「ごめんね!でも、がんばるから」と、
ぐっとこらえるくやし涙。

うれし涙の方が前向きに見えるけれど、
実はくやし涙の方が重要。

だって、抑制される(ぐっと押さえる)から、
その反発の力で成長が促進される(ぐんと進む)
のが世の理ですから。

「涙をこらえた瞬間」は、そのまま
「明日へのエネルギー」に転化しているのでしょう。

すばらしい作品(雑誌や本も含めて)に出会った時に、
「すごい!素晴らしい!!」と感動するのと同時に、

「ちくちょう、やられた!でも、負けてられないぞ~」
と、いくつになっても感じられる自分でありたいです。



↓まだちょっと発売は先ですが、
大好きなクドカンさん脚本の映画「なくもんか」。
映画館で大泣き笑いしました!


なくもんか 通常版 [DVD]なくもんか 通常版 [DVD]
(2010/05/21)
阿部サダヲ瑛太

商品詳細を見る





テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2010/02/21(日) 10:04:42|
  2. GRABチャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。